FC2ブログ
本当に介護士を続ける自信がありますか?中途半端な理由で目指しているのではないですか?アナタに覚悟はありますか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TOPスポンサー広告スポンサーサイト

Y様との色塗り

特養へ転職して初めて挨拶させて頂いたのがY様だった。 
Y様は目が見えない方だった。






「初めまして、よろしくお願いします」

「あら、いらっしゃい。若くていい声ねぇ」

「声だけですか?顔も若くていいでしょ?」

「ごめんさないねぇ、私目が見えなくなっちゃったのよ」

顔をすごく近付けて、

「これでも見えないですか?」

「ええ、全然見えないの。昔は視力も良かったんだけど」


これがY様との初対面だった。

Y様 女性 75歳

目は光がかろうじて認識出来る程度。
自立歩行可、食事・排泄も自立。
入浴も付き添い程度で、背中を流すのみ。


Y様は目が見えない生活でも、何も不自由していない様子。

「もう慣れちゃったわ、ここに入る前からだからねぇ」

とニコニコと話されていた。



視力がなくなるとともに認知症も進む傾向にあるが、
Y様はしっかりとされており、
他のご利用者様ともいい関係を築いておられた。


家人様もとてもいい方で、
誕生日や敬老の日などに花束を持って面会に来られた。


「いい香りねぇ、これはバラかしら?」

視覚だけではなく嗅覚でも楽しめる花を選んで持って来られた。



Y様の旦那様はかなり前に亡くなられたとの事で、
遺影を居室に飾り、毎朝お水を変え手を合わせておられた。


「私は何も不自由なく暮らしてますよ、
  迎えはまだ先でいいからね、って毎朝言ってるのよ」


ふふふっ、と上品に笑うY様。

そんなY様が少し退屈そうにされる時間帯があった。
朝食が終わって少ししてからの時間。


そのユニットではリハビリの意味も込めて、
塗り絵や折り紙・簡単な工作などを行なっていた。


「私は目が見えないからいいわ、
  いつもこの時間はコーヒー飲んでゆっくりしてるのよ」

と話されていたが、他のご利用者様が

「この花何ていう花かな?色が分からないわ」

など職員に訊ねておられるのを聞かれると、

「この時期だしコスモスじゃないの?」

であるとか、

「もうぼちぼち山の色も紅く染まってるのかぁ」


などと非常に興味を持っておられるのを感じていた。



ので、私は少し勇気を出して提案してみた。


「Yさん、今日はYさんも塗り絵しましょうか?」

「え?私は目が見えないし上手く塗れないからいいわ」

「僕が色を塗りますから、Yさんは色を決めて下さい」

「色を決める?」

「ええ、今僕が持ってるのは中秋の名月の塗り絵なんですが、
  月の色を何色で塗ったら綺麗になると思いますか?教えて下さい」

「そうねぇ、黄色では面白くないし、銀色はハイカラだし、
  薄く赤を塗ってから、その上に黄色を重ねて塗るのはどう?」

「重ねて塗るんですか?へぇ、面白そうですね。
  あ、結構いい色になりましたよ。少し妖しい雰囲気ですね」

「そうそう、何か出てきそうな少し怖い感じがいいわ」

「次はお餅を取ろうとしてる子供を塗りましょうか。
  女の子の着物は何色がいいですかね?
  ってか何で子供はお餅を取ろうとしてるんですか?」

「懐かしいねぇ、昔はそうやって子供にわざと取らせてね、
  それでもって次の年の豊作を祈るっていう行事だったのよ」


このように、Y様に一つ一つ聞きながら色を塗って行き、
中秋の名月を完成させた。


「出来ましたよ、色合いがよくて綺麗な月になってますよ」

「私にも見えているようだわ。子供の頃塗り絵が大好きで、
  でももう出来ないと思ってたけどねぇ。うれしいわ、ありがとう」

Y様はその塗り絵を居室の壁に貼ってほしいと言われ、
家人様や職員達に見せては綺麗でしょ、と話されていた。


目が見えなくなって出来ないと思っておられた塗り絵。
少しお手伝いするだけで、楽しんで頂ける。

出来ないからと諦めるのではなく、
どうすれば出来るのかを考える。

楽しみは少しでも多い方がいいのだから。






















 
関連記事
関連するタグ 特養 ユニットケア レクリエーション 障害


TOP余談Y様との色塗り

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

そういう手段があったのですね。

 さすがです! 以前盲目の女性利用者がいらっしゃいましたが、レクの時にはやはり一人ぼっちでした。

 何もしてあげられませんでした。

 ヒントいただきありがとうございます!

 今後ともよろしくお願いいたします!
yossy610 at 2012/11/25(日) 23:15 | URL

Y様は非常に前向きな方で、職員の事も気にかけて下さるような

とても上品なお方でした。

全ての方に可能なアプローチではないかと思いますが、

ぜひ試してみて下さい!!
8beats at 2012/11/26(月) 10:42 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 介護福祉士を目指すアナタへ All Rights Reserved.
FC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。