FC2ブログ
本当に介護士を続ける自信がありますか?中途半端な理由で目指しているのではないですか?アナタに覚悟はありますか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TOPスポンサー広告スポンサーサイト

私が結婚するまでの半年間

職場恋愛の末結婚した私達夫婦。
職場では先輩後輩として仕事をし、
プライベートでは彼氏彼女という間柄で過ごしていました。

結婚を機に私は通リハを退職したわけですが、
私達が結婚するまでの半年間を思い出して綴ってみます。






 








通リハへ就職したのが20歳の4月。
すぐに妻を含む先輩方と仲良くなる事が出来て、
プライベートでもそれぞれ交流がありました。

少しずつ仕事を覚えて行き、
大きなイベントを任される事になり、
そのサポート役として先輩である妻と二人で担当しました。


で、まぁ2人頑張ってイベントが成功し、
その後付き合うことに。
それから1年順調(?)に交際が進み、
結婚しようかとなったわけです。

これが結婚式の半年前です。


ここから本当に忙しくなりました。
結婚するにも私の収入では生活出来ません。
私も妻もすぐに子供を作るつもりでしたので、
共働きだから大丈夫!とは行きません。

すぐに通リハ所長に退職の意向を伝えました。

が、私達が結婚するどころか付き合っている事すら、
特定の人以外職場では知らないわけで。


この時点で、

「実は私達は結婚するつもりです。
  私の給料では生活出来ないので転職します」

と言ってしまうのは避けたかったのです。
理由としてはY先輩のケースがあるから。


「2人で力合わせれば何とでもなるわよ!
  私が給料を上げてもらえるよう上に掛け合うわ!
  だから辞めるなんて言わずここで頑張って!!」

なんて主任あたりに言われてしまえば余計面倒になると思い、
直接所長に結婚の事は伏せて退職の旨を伝えました。


「将来の事を考えて、夜勤がある施設に転職します。
  私もいずれは結婚も考えると思います。
  通リハでの給料では家庭を支える事は非常に難しいので」


上記のような事を言ったと思います。
所長は、

「そうね、正直バンバンお給料を上げてあげる事が出来ないわ。
  非常に残念ですが、これは仕方のないことです。分かりました」

とすんなり承諾を頂けました。
が、これは職員が音を上げるまでは低い賃金のまま、
働くだけ働かせようという姿勢が見え隠れする嫌な返答ですね。
まぁそれは置いておいて・・・。


所長の承諾を頂いた上で主任に報告。

「給料が低いので将来が不安です。
  若い今のうちに新しい施設に移っておきたいと思います」

「若いからこそ出来る仕事があると思う。
  まだそれほど焦る年齢じゃないでしょ、アナタは」

「働くからには納得出来る給料が欲しいと思います。
  特に僕は専門学校に通って資格を取りました。
  その結果この給料では学校に行った意味がありません」

「アナタも入ってもう2年経ったわね、
  次の昇給でぐんと上げてもらえるよう話してみるわ」

「納得出来るほど給料は上げられないと所長に言われました」

「あら、そうなのね・・・」


ってな感じで主任に話し、きっちり3ヶ月後に辞めることになりました。

で、有休を使って次の職場を探しました。
就職フェアに1度だけ行って、2つの施設の担当者と話しをし、
それぞれ施設見学に行きました。

その時の事を簡単にまとめたのがコチラ


で、転職先が決まったのは通リハを辞める1ヶ月くらい前かな?
ハッキリとは覚えていません。
この転職活動と平行して披露宴の会場を探していた為です。


妻の希望で神前式、つまり神社での結婚式を考えていました。
挙式日を祝日にしたかったので、先に神社の予約をしておき、
その後披露宴を探す事になりました。


ホテルや玉姫殿などは堅苦しくて嫌だ、という妻の希望で、
ウエディング雑誌に載っていたレストランを数件見学しました。

この演出はいくら、これを用意するのにいくら、いくらいくら・・・。
転職直後の精神的ストレスと、家庭を持つというプレッシャー、
そして理想の結婚式の創造から現実に引き戻すお金の話。

何事も詰め込みすぎは良くないです。
妻と結婚式の段取り以外で家庭を持つ事に対する話など、
する余裕もなく、する必要性も感じる事もなく。


ちなみにこの時点で私達は新居に移っていました。
どうせ結婚するんだからいつから同棲していても構わない、
という妻の両親からの許可を貰い、
新生活はスタートしていました。


で、とても雰囲気が良いイタリアンレストランを見つけ、
そこで披露宴をする事で決定。
一段落するかと思いきや、出費を出来るだけ減らそうと、
結婚式のお知らせや席次表・メニュー表など自前で用意。

東急ハンズに買いに行ったり、手作り披露宴の本を読んだり。


またまた、お世話になった人へ向けて、
披露宴中にサプライズプレゼントをする為に用意したり、
登場時や退場時に流してもらう音楽のセレクト、
妻は結婚指輪のリングピローを手作りすると言い出したり、
そして新婚旅行用にパスポートと取りに行ったりと、
バタバタバタバタしていまいた。


で、挙式前2週間の時点で私は初の夜勤業務。
もうフラフラ。先輩が付いてくれていたとはいえフラフラ。

で、フラフラで帰ってまた式の用意やら何やら。
思い返しても何だか覚えてない事が多いなぁと。
余裕がなかったですね。


で、リーダーにお願いして挙式前日を夜勤明けにしてもらい
バタバタしたまま結婚式当日を迎えたわけです。



非常にバタバタしました。もっと余裕も持って準備するべきです。
ここまでバタバタすると初夜も何もないです。

妻は準備の疲れと結婚式が無事終わった事で、
帰宅後すぐに寝てしまい、
その横で私は頂いたご祝儀袋から
お金を出してチェックしていました。


・・・、何ともまぁ。



さて、これが私達の結婚式前の半年間ですが、
本当はもっと時間を掛けて色々な事を決めていくべきです。

別々に暮らしていた2人が一緒に生活するようになるわけで、
今まで通りの生活が出来るわけではないのです。


燃えるゴミの日はいつ?で、誰が出す?
給料口座の管理はどちらがする?
お小遣い制?それとも生活費を毎回手渡す?
実家への連絡はどちらがする?
お風呂に入る順番は?
夜は何時まで起きている?
朝は何時に起きる?
休みの日は何時まで寝ている?
洗濯物は誰が回す?干す?畳む?しまう?
携帯会社はどちらに合わせる?
常に使うクレジットカード会社は?


挙げるとキリがないですね。
というか書けば書くほど自分の恥を晒している気が・・・。



とりあえず、結婚を勢いで決めるのも大切ですが、
その中でも計画的に話し合って決めていくのも、
とてもとても大切ですよ、という私の体験談でした。















 
関連記事
関連するタグ 通リハ 特養 職場環境 夜勤 転職 就職


TOP介護士の恋愛について私が結婚するまでの半年間

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 介護福祉士を目指すアナタへ All Rights Reserved.
FC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。