FC2ブログ
本当に介護士を続ける自信がありますか?中途半端な理由で目指しているのではないですか?アナタに覚悟はありますか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TOPスポンサー広告スポンサーサイト

戦争を語る世代が減っていっている事について

年齢的に、はっきりと戦争の事を覚えておられるのは、
だいたい80歳前後なのではないかなぁと思います。

私も職業上、何度も戦争当時のお話をお聞きしました。


志願して予科練に入った。 けどすぐに終戦になった。

東京の空襲で死を覚悟した。けど生き延びられた。

近くの公園に爆弾が落ちてきた。けど爆発しなかった。

などなど。


けれど、実際に戦闘行為をした、と話して下さる方はおられません。
何故か分かりますか?











実際に戦地へ赴いた方は、 現在ほとんどの方が亡くなっています。

そもそも戦争が原因で亡くなった方と、
戦争が終わった後に普通に生活をし、寿命などで亡くなった方。


戦闘行為を経験している方の世代は、
ほとんどが亡くなっているのです。

もしくは、自ら語らない方。


自ら語る方については本を出したり、
新聞の取材に答えるなどで世に出ていますが、
そのほとんどが戦争を反対する内容ですね。


もちろん、戦争をしよう!など好戦的な日本人はごく少数でしょう。
出来るだけ戦争は避けたいのは誰もが同じ。

でも、頑なに戦争を拒否し、自衛能力すら放棄しようとする人、
この方々の気持ちを私は理解出来ません。


当時15歳だった、という男性ご利用者によくお話を聞いていましたが、
現在出版されているような戦争体験の本や小説などは、
自分からしたらとんでもない大嘘だと怒っておられました。

何故そんなに日本を悪くしたいのか?
何故靖国神社を総理大臣が参拝する事を否定するのか?
そして何より日本を守った軍人達を、変態扱いするのか?



「そりゃ誰でも戦争で死ぬのは怖い、恐ろしい。
  それでも行かなければならない理由がある。
  御国の為というのは大前提であり、それは故郷の事。
  自分達が戦地へ行かねば、家族が殺される。
  そのギリギリの状況で、逃げ出す奴はほとんどいなかった。
  誰もが戦争で負けるとは思ってなかった。
  でも、行ったからには帰れないかも知れないと覚悟の上だった」


先ほど挙げた予科練へ志願された方のお話です。
この方は特に見た目が強面であるわけでもなく、
恰幅が良かったわけでもなく、普通のおじいちゃんでした。

嬉々として日本が戦争でこんな悪い事をしたんだ、
と話す別の男性ご利用者に対して、


「それで、アンタはどこで終戦を迎えた?
  レイテか?サイパンか?大陸か?半島か?」


「いや、ワシは行ってないから・・・」


「アンタの年齢なら招集がかかっただろうに、何で行かなかった?」


「いやあの、その、病気しててねぇ」


「じゃぁ日本兵が現地でした事を見てきたかのように言うな!
  恥ずかしくないのか!お前も守ってもらった身だろうが何を言う!」


めちゃくちゃ興奮されて殴りかからん勢いだったので、
結構苦労しました。
が、言われている事はもっともなんですよねぇ。


現在テレビや新聞で戦争を語っている人達は、
実際にそれを目にして経験したわけではありません。

発信されている情報がどこまで本当なのか、脚色されているのか、
意図的に改変されているのかなど、一般人には判別がしにくいです。


だからこそ、聞いた事を鵜呑みにせず、本当なのかどうなのか、
自分になりに調べてみてほしいと思います。


本当に国として武力が必要ないのか?
自衛隊がなくなったら何が起こるのか?
日本の領土が脅かされる事で起こる事は何か?
終戦当時に何が起こっていたのか?


知らずして語るな。




  












関連記事
関連するタグ 体験談


TOP余談戦争を語る世代が減っていっている事について

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

知らずして語る人・・・

 カメラを前にすると、全人格が180度変わる、というのは本当らしいですね。

 うちでも、予科練の話は盛り上がりますが、みんな、戦闘に出陣しなかった人ばかりです。

 ただ、一度は死を覚悟した、それが人生のキーワードになって、唯一の自慢なのですから、それはそれで尊敬してます。

 自衛隊の定年を迎えた人の一言が心に残っております。

 「オレは、誠に幸せだった。入隊してから一度も戦争が起こらなかったからな。これからの若いもんは可哀想だ、戦争は目の前にきているからな。」・・・

 戦争のない時代が100年続いた試しはありません。

 ・・・人類の、自然淘汰 ですかね?
yossy610 at 2013/07/18(木) 15:11 | URL

yossy様、ありがとうございます。

まぁ私も知らずして語る一人なのですが、

知らずして否定するのだけは許せません。

私は祖父祖母4人とも亡くなっているので、

聞きたくてももうすでに聞けないようになってしまいました。

その分仕事を通じて体験された方のお話を聞くのは、

とても貴重な経験だったと感じています。
8beats at 2013/07/19(金) 09:56 | URL

検索していたらここに行きつきました。もう随分前の書き込みなんですね。
"介護していて、私と同じことを感じている人も居るんだ"と嬉しく思い、コメントさせていただきました。
90代後半の老人とそれ以降の老人ってかなり違いを感じます。体の障害だけの場合、特に明確に差が感じられます。もう何人も見送ってきました。たくさんの話を聞かせてもらいました。私の宝です。
wara-b at 2016/02/24(水) 03:16 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 介護福祉士を目指すアナタへ All Rights Reserved.
FC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。