FC2ブログ
本当に介護士を続ける自信がありますか?中途半端な理由で目指しているのではないですか?アナタに覚悟はありますか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TOPスポンサー広告スポンサーサイト

接客業としての心得

介護職に限った話ではないですが、
接客業について少し考えてみました。




 


介護職とはつまるところ、サービス業です。
サービス業とは、つまり接客業であり、
顧客に対して何かしらのサービスを提供する職業です。


どんなに最高のサービスを提供されても、
提供してくれる人の事を人間的に好きになれなければ、
決して満足出来ないのではないでしょうか?

例えば、高級ブランドのショップ店員に服をすすめられても、
その店員さんの鼻毛が出ていたとしたら。

例えば、エステで最高のマッサージを受けるとして、
そのエステティシャンの体臭がきつかったとしたら。

例えば、行列の出来る食べ物屋さんで、
その店主がバイトの子をボロクソに怒鳴っていたら。


アナタはどういう印象を受けますか?



サービス業である以上、
対価に見合う以上のサービスを提供するべきだと思います。

ただただオムツを交換するだけでなく、
ただただお風呂に入れるだけでなく、
ただただスプーンを口に運ぶだけでなく。

プラスアルファの付加価値を求められます。


気を使わせる事なくオムツ交換し、
いつも以上にリラックス出来る入浴、
そして楽しい食事。


気持ちのいい接客。
気持ちのいい時間。
気持ちのいい人間関係。

今やロボット技術の進歩はすさまじく、
食事介助用ロボットの研究が進んでいるようですが、
心のない無機質な物体に食事介助されて、
嬉しいなぁと思う人は極少数だと私は思います。


心ある者が介護をする以上、
真心を込めてサービスを提供する。

あぁ、この人に介助してもらって嬉しいなぁ、
と思って頂けるようなプラスアルファを提供出来る人こそが、
介護職に必要な人材だと思います。












関連記事
関連するタグ サービス業


TOP余談接客業としての心得

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

あるある、スタッフと厨房の怒鳴り合い、利用者さんに筒抜けでも気にしない両者、こちらが怒鳴って注意したくなりますが、その場は利用者さんの注目をこちらに引きつけて笑いでごまかしております。

 介護はサービス業です。福祉しか知らない職員が多いので、サービスの精神から教え込まなければなりませんね。

 全く、福祉の学校でも接客マナーを教えて欲しいものです。
yossy610 at 2013/04/28(日) 10:40 | URL

変にへりくだり過ぎて気を使わせてもダメ、

上から目線でももちろんダメで、

結構丁度良いラインが難しいとは思います。

だからこそ、最低限の接客マナーは大切ですよね。
8beats at 2013/04/28(日) 12:21 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 介護福祉士を目指すアナタへ All Rights Reserved.
FC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。